スポンサーリンク



当サイトのカメラ別性能の評価基準について

当サイトでのスマートフォンカメラの評価の基準については、以下の考え方によりS+〜Cのランク付けをしています。

カメラの評価はユーザーの感性によりさまざまな考え方がありますので、あくまで参考程度にしていただければと思います。

画素数の評価

画素数については、基本的に多ければ多いほど高評価としています。

1画素あたりのセンサー面積については、評価指標としておりませんので、ご留意ください。

また、インカメラについては評価対象としていません。

写真を写せる広さ(焦点距離)の評価

焦点距離に本来評価の概念はありませんが、中には一般的とは言い難い画角のスマホカメラも存在します。

よって、スマホカメラや、一眼レフ、ミラーレスの広角端として一般的な画角である24mm〜28mmを最も高い評価としています。

明るく写せる性能(F値)の評価

F値の評価は低ければ低いほど高評価としています。

手ぶれ補正の評価

手ぶれ補正の評価は、光学式であれば高く、デジタル式であれば低く評価しています。

なお、特殊な手ぶれ補正方式を採用しているカメラがあれば、加点要素として取り扱うこととしています。

ズーム機能の評価

ズーム機能については、光学ズーム搭載型を高く、デジタルズームのみであれば低く評価しています。

その他の機能の評価

その他、カメラ性能に直結する機能を搭載しているスマートフォンについては、こちらの欄に記載しています。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です