スポンサーリンク



Huawei nova 2のカメラ性能(スペック情報)を解説

Huaweiから3万円程度で購入できるダブルレンズカメラ搭載のスマートフォン、nova2が発売されましたので、解説していこうと思います。

なお、キャリアやMVNOで購入すると実質負担額1万円台前半で購入できるので、大手スマホメーカーのダブルレンズカメラとしてはかなり破格の価格設定だと思います。

価格.comのレビュー評価においても、総じて評判が良く、低価格でダブルレンズカメラを楽しみたい、背景をぼかした写真を撮影したい!という方にはかなりおすすめのカメラを搭載したスマホと言えます。

Huawei nova 2 詳細スペックと特徴

画素数(out1) 1200万(広角)
画素数(out2) 800万(望遠)
画素数(in) 2000万
F値(out) F1.8
F値(out2) F2.4
F値(in) F2
焦点距離(out) 調査中
焦点距離(out2) 調査中
焦点距離(in) 調査中
オートフォーカス 調査中
手ぶれ補正 電子式
ズーム機能 調査中
4K動画 非対応
防水・防塵性能 非対応
背景ぼかし 対応
RAW保存 調査中
美人エフェクト あり
マニュアルモード 調査中
センサーサイズ 調査中
画素ピッチ 調査中
CPU Kirin659
メモリ 4GB

広角F1.8の大口径レンズで暗所性能に期待

カメラを語る上でF値の存在は非常に大きいと思います。

どんなに良いイメージセンサーを搭載していても、F値が暗い(数字が大きい)レンズであれば、感度を上げて撮影しなければならず、結果として画質が低下してしまいます。

その点Huawei nova 2は低価格帯のスマートフォンながらF1台のレンズを搭載しています。

イメージセンサーの情報が現時点で不明ですが、カメラを売りにしているHuaweiですからある程度性能の良いセンサーを使用していると想定します。

手ぶれ補正が電子式のみなので、補正力は期待できない

なんだかんだ言っても手ぶれ補正は光学式補正が優れているのは言うまでもありません。(例外もあると思いますが)

Huawei nova 2は電子式補正しか搭載されていないということなので、ある程度の手ブレは覚悟する必要があると思います。

また、電子式手ぶれ補正は、撮影した映像の周辺部をトリミングし、ソフトウエア的に手ブレを補正する仕様が一般的であるため、撮影時の液晶に写っている撮影範囲よりも、保存された映像は多少狭くなっている可能性があることも頭に入れて撮影する必要があります。

4K撮影には非対応。でも4K撮影が必要なシーンはほとんど無い?

Huawei nova 2は4K(3840×2160)での撮影はできません。

ただ、4K撮影するシーンというのは、特別な映像作品として撮影する場合を除き、ほとんど使用することはないのが一般的ではないでしょうか。

4K動画のファイルは、普通に考えてフルHD動画の4倍のデータ量ですから、必然的にスマホの保存容量の多くを消費することになります。

また、あくまで個人の見解ですが、4K動画を撮影するのであれば、イメージセンサーの大きなカメラで撮影しない限り、きちんと解像された映像にならないと思う部分もあります。

いずれにしても、4Kの需要はさほど高くは無いと思うので、気にすることはないと思います。

防塵防滴が無い。風呂で使えない。

お風呂でスマホをいじりたい人は意外と多いですよね。

Huawei nova 2は防滴性能がありませんので、水回りでスマホいじりをしたい方はIP67相当の防塵防滴性能が搭載されているHuawei Mate10 Proなど上位端末を購入する必要があると思います。

ストレージは64GB。SDXCで128GBまで拡張可能

Huawei nova 2の保存容量は64GB。ミドル帯のスマホとしては比較的大きな容量を確保されています。

スマートフォンでガンガン写真を撮りたいという方でも、64GBあれば比較的余裕があると思います。ただし、他に沢山アプリをインストールしている方はこの限りではありませんので、ご注意を。

また、MicroSDカードを併用すれば128GBまで容量を増やすことができるので、端末の容量と合わせて192GB(システム領域等含む)あれば、容量不足で困ることはまず無いでしょう。

【まとめ】Huawei nova 2のカメラ性能(スペック情報)

デュアルレンズ搭載のスマートフォンとしては比較的低価格で購入できる良端末だと思います。

日本国内での販売にこだわれなければ、中国製のさらに安価なデュアルレンズカメラを搭載したスマートフォンも存在します。

しかし、そういったものは背景のボケの質が低いものも多く、ピントを合わせる位置から距離のみを基準に周辺部をボケさせるだけという仕様のものがありますので、その点Huawei nova 2は公式サイトを見る限りそういったことはないと想定されます。

4Kに対応していない点については、先程も述べたとおり、実際に使用する機会を考慮するとあまり気にすることではないでしょう。

基本スペックについてはメインで使用するレンズがF1.8と高性能なものが使用されておりますし、望遠レンズも搭載しているので、歪みの少ない写真も撮影できます。

Huawei nova 2はauとUQモバイルでのみ取り扱われている端末となっていますので、その点についてはネックですが、Amazonやヤフオクなどでも購入は可能ですので、3万円程度の予算でデュアルレンズカメラ搭載のスマホが欲しい場合は非常におすすめの一台だと思います。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です