スポンサーリンク



スマホ用Wi-Fiルータを選ぶならやっぱり安定のBUFFALOがおすすめ

スマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末、PS4やWiiUなど、現代のテクノロジーの恩恵を最大限受けたいなら、家庭内Wi-Fi環境は必須ですよね。

DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージを使ってのデータ共有なんかWi-Fiがなければ大変なことになります。

我が家もなんだかんだWi-Fiが必要な機器が8つもあるため、突如ルーターが壊れたりでもしたら、大混乱が起こります。

みんな大好きYouTube、僕が大好きスプラトゥーン、子供達が大好きなマインクラフトPEのマルチプレイなど、我が家はWi-Fiがあって初めて成立すると言っても過言ではありません(笑)

で、実際に今日Wi-Fiが急に繋がらなくなり、このままでは家庭内が崩壊する恐れがあったため、急遽某大型電気店で代わりのWi-Fiを購入しました。

BUFFALOのWCR-1166DSというものです。

結論から言うと、めちゃくちゃネット速度が早くなりました!

本記事では実際の回線速度なども実例を出しながらお話していこうと思います。

ちなみに回線速度の測定については、BNRスピードテストさんを使わせていただいております。

今まで使っていた機器 NEC Aterm WG1200HS

ちょうど一年くらい前になるでしょうか。

もともと使っていたBUFFALOのDHR-HP-G300Nが5年間の激務を終え、ついに故障してしまいました。

その代替機として購入したのがNEC Aterm PA-WG1200HSというWi-Fiルータです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-14-42-12

価格的には並レベルのものですが、最新規格11acにも対応したオールラウンドモデルです。

ただ、このWi-Fi端末、個体差なのか、大元の光回線が悪かったのか、今ひとつ速度が出ませんでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-14-47-41

今使っているiMacでは下り速度がなんと2.59Mbpsとスマホの4G回線よりも遥かに劣るような数字しか出なかったんですね。MacBookでは13Mbpsを超えましたが、期待していた数値には到底及びません。

その上、2.4GHz帯と5GHz帯の速度差もなく、時に2.4GHzの回線のほうが速いこともありました。とにかく安定性が低い印象です。

今回購入したBUFFALOのWCR-1166DS

まず外箱から。

2016-12-24-13-09-55

箱には色々書いてありますが、正直、スペックと実際の使用感は全くリンクしないので、箱だけ見て購入の判断するのは辞めたほうが良さそうです。

 

2016-12-24-13-10-34

中身は至ってシンプル。箱を捨てられない僕にとっては小さな外箱はむしろ歓迎します(笑)

 

2016-12-24-13-11-56

付属品は、Wi-Fiルーター本体と、アダプターケーブルのみ。

 

2016-12-24-13-12-26

端子部分です。

有線から引っ張ってくるLANケーブルを挿す穴が一つ、その他にもう一つ有線で接続することができます。

 

2016-12-24-13-13-07

SSIDと暗号化キーのカードが入っているので、こいつはなくさないように注意ですね。

 

BUFFALOのWCR-1166DSでの速度チェック

比較するために環境をまずは揃えます。

まぁ要は前回同様、8台に接続した状態でのテストですね。

その結果・・・先程3Mbpsも出なかったiMacが、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-15-00-53

もう一回やります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-15-02-12

約50Mbpsというとんでもない速度で安定しました。(5GHz時)

一応、iPhone7plusでも実験してみましょう。テストサイトはfast.comさんです。

2016-12-24-13-19-32

やっぱりこのくらいの速度が出ます。

もちろんこれは契約しているインターネット契約によって差が出るものですが、Wi-Fiルータを変えるだけでここまで大きな差が出る場合がある・・・ということがわかったことは大きな成果だと思います。

ちなみにアップロード速度についてはどちらも18Mbpsと差はありませんでした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-15-05-00

ちなみにこのBUFFALOのWCR-1166DSは同時接続6台までとされていますが、現状、8台に同時接続しても全く問題はありませんでした。

 

NECのAterm PA-WG1200HSからBUFFALOのWCR-1166DSに乗り換えて体感できたこと

まだ乗り換えて数時間しか経過しておりませんが、まずネットへの繋がり具合が劇的に良くなりました。

PA-WG1200HSは購入当初から安定していませんでした。もしかすると個体差というか、初期不良品だった可能性もありますが、PA-WG1200HSを使っていた時頻繁に発生するネットが一瞬途切れる現象は今のところBUFFALOでは全く発生していません。

また、You Tube視聴では、今までフルHDどころか、HD画質ですら見れないシーンが多々あったのが、常時1080pでYou Tubeを楽しめるようになりました。再生までの待ち時間も大幅に短縮されましたし、これでますますYou Tubeに嵌りそうです。(記事書けよ)

上位機種のAirStation HighPower Giga WHR-1166DHP3というものもありますが、正直よほど大きな家に住んでいない限り、このWCR-1166DSで全く問題ないのではと思います。

ちなみに我が家はアパートですが、アパートしては桁違いの広さ(なんと床面積118㎡!と一軒家並・・・ただしボロい)なので、Wi-Fi電波も壁をいくつも跨いでいます。

それでいてアパート全域で良好な通信速度を維持できているこの機種は、コスパ含めて素晴らしいWi-Fiルーターだと思いますね。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です